明珠閣の葬儀・法要・安置室のご利用案内|八王子市


logo.png

tel.png

文字サイズ 小 | 中 | 大 |

 

安置室から納骨までの流れ

宗派問わず安置頂けますので安心で速やかに対応出来ます。
病院で亡くなられた場合は速やかに所定の安置場所へ搬送しなくてはなりません。
その際、医師の「死亡診断書」が必要となります。 ご遺体の搬送には葬儀社に連絡を取り寝台車の手配が必要となります。
葬儀社の手配が必要な場合は明珠閣でも葬儀社のご紹介が出来ますのでお声掛け頂ければ 対応致します。
ご親族様は安置室へお向かい頂きます。

1.臨終

2.清拭

病院などで亡くなった場合には看護婦によって遺体の消毒、整え(女性の場合には簡単な化粧も)が行われます。

3.遺体の搬送・遺体の安置

  • 遺体の搬送
    病院などで亡くなった場合には、この後、いったん安置室(霊安室)に安置します。遺体搬送の業者の紹介を病院に依頼することも多くの場合可能ですし事前にお調べ頂いていた場合はその葬儀社へ連絡してください。(遺体搬送を依頼しても、葬儀まで依頼しなくてもかまいません)。
  • 遺体の安置
    葬祭業者は多くの場合24時間営業をしておりますので、落ち着いて手配できます。 安置室へ向かいます。
  • 葬儀手配
    安置後は、葬儀を段取りします。僧侶に連絡し、枕経をあげていただきます。
  • 死亡診断書、死体検案書
    病院で亡くなられた場合、医師がいて自然死あるいは病死が明らかな場合には、その医師から死亡診断書がはっこうされます。

4. 打ち合わせ

ご家族等、依頼する葬儀社と打ち合わせを行います。 ご本人の意志やご家族の意志により葬儀の形式、規模、手順、日程などを相談します。
葬儀社から説明を聞き事前に確認しておくことが必要です。

5. 納棺

6. 届出と連絡

役所へ死亡届(死亡診断書の半片)の提出と火葬許可証を受領します。
ほとんどの場合、行政機関への届出などは葬儀社で代行を行います。

7.通夜

読経、焼香、弔問客の対応。

8. 葬儀・告別式

読経、焼香、会葬者の対応、お別れの儀。

9. 出棺、火葬、収骨

寝台車にて故人は火葬場までご移動。火葬ののち、お骨を骨壷へおさめる。

10. ご帰宅と納骨

故人のお骨と一緒に、ご自宅へ帰ります。 埋葬(納骨)の日程は、菩提寺や霊園、石材屋などに相談をしていきます。