八王子の葬儀場

雲龍寺「明珠閣」

八王子にある葬儀式場明珠閣。
家族葬・葬儀の式場として法要・会食・宿泊もご利用もできます。

お問い合わせ

葬儀場と斎場の違いは何?

お葬式を行う時の会場で「○○斎場」もしくは「○○葬儀場」と名前が付いた会場があります。葬儀に参列する場合は、「○○の式場で葬儀を行います」と既に場所が決まった上で声が掛かるので参列する方には、どのように違うのかは気にならない事が多いかと思います。ただ、葬儀を挙げる方からすると斎場と葬儀場が違う事を事前に知っていた方が安心して式を行う事が出来ると思います。参考にされてどこで葬儀を行うのが良いかを検討してください。

葬儀場と斎場の違いは?

通常、故人が亡くなった際に葬儀を挙げる場所のことを、「斎場」や「葬儀場」と呼んでいますが、その違いは何かを比較をしてみましょう。

葬儀場とは?

葬儀場は、お通夜と葬儀・告別式を行う場所です。火葬以外の葬儀の儀式を行う場所のことを言います。通常、お通夜を行い翌日に葬儀、告別式を行います。その後、火葬を行います。お通夜から告別式までは葬儀場で行い火葬場へ移動して火葬を行います。葬儀場と言えばセレモニーホールなどをイメージされる方も多いと思いますが、葬儀場は葬儀を行う場と考えれば、自治会館、町民館などの集会所や寺院も葬儀場と呼ぶことが出来ます。

斎場とは?

一方、斎場はお通夜から葬儀・告別式、火葬までを1か所で行う事が出来ます。葬儀場から火葬場まで移動をせずに行えるのが斎場です。ただ、斎場でも火葬場が無い斎場などもありますので予約をする前に確認をした方が良いです。また、斎場には公営斎場と民営斎場があります。公営斎場は市区長町村などの自治体が運営している施設で民営斎場は、葬儀社や寺院(宗教法人)が運営している斎場です。公営斎場は、自治体の運営なので費用が安価で宗教・宗派に関係なく利用が出来るのがポイントです。どなたでも利用が出来るので予約が取り辛いという面もあります。民営斎場の費用は、公営斎場に比べて費用は高めです。設備面は充実しているのがポイントで予約も比較的しやすいのも特徴です。

葬儀場と斎場の違いは?

葬儀を行う場所の種類

上記では、葬儀場と斎場の違いについて書いてみましたが、葬儀が行われる場所もいくつかありますので説明していきたいと思います。

葬儀式場

葬祭会社が葬儀や法事を行う施設の事で葬儀を行う設備などが充実しています。宿泊できるスペースや会食できるスペースもあるので宿泊施設や会食する場所を別で用意をしなくても良いのです。通夜、葬儀の間でも故人の近くにいられるのもメリットと言えます。施設が充実している面で費用は高めになりますが予約が取りやすいので早く行いたいという方にはおすすめです。

寺院・神社など

寺院では、本堂で葬儀を行う場合や境内などに式場がある場合はあります。本堂で行う場合は檀家が葬儀を行う場所となり式場がある場合は、場所を貸し出すので他の宗派でも利用をする事ができるケースが多いです。

自治体の施設

自治体が有している公営斎場などがあります。施設にもよりますが、火葬場が併設されているケースも多いです。費用も安価で宗派に関係なく葬儀が行える事がメリットと言えます。一方で予約が取りにくいというデメリットもあります。

公共の施設

自治会館、町民館、マンションなどの集合住宅にある集会場です。この場合は、その地区に在住の方、マンションの住人など条件がある場合は多いです。安価で借りられるのがメリットです。

 

その他にも、自宅やホテルでお別れの会など行うケースもあります。

葬儀の行う場所の種類

葬儀場と斎場の違い。【結論】

●葬儀場が通夜、葬儀など葬儀を行う場所に対して斎場は葬儀から火葬まで行える事が大きな違いです。

葬儀場と斎場どちらが良いのか?

葬儀場と斎場のどちらが良いのかは、お住いからのアクセスや親戚や友人、会社関係など葬儀に参列して頂く方にもよります。例えば、親戚に年配者が多く車で移動するのが難しい場合は、斎場で火葬まで行えるのが理想かしれません。ご近所の人を多く呼ぶ場合なら近くに葬儀場があれば集まりやすいかもしれません。声を掛ける方によって選ぶことも大事かもしれません。葬儀場所などを決めていく場合に大事になるのが、葬儀会社選びだと思います。

葬儀場と斎場どちらが良いのか?

葬儀社選びのポイント

葬儀社も他の業種同様に個人経営の葬儀社から上場している葬儀社まであります。規模の大きい葬儀社だと自前で葬儀場を所有しているところもあります。その場合は、主に所有の葬儀場を使用することになります。この場合は、葬儀場を選ぶ必要が無くなります。一方で葬儀場を所有していない葬儀場の場合は、提携している葬儀場や斎場を使用する事になります。葬儀場の自社所有している葬儀会社の場合は、自社のスケジュールで葬儀の日程が決まってきます。葬儀場や斎場と提携している葬儀会社の場合は、どこで葬儀をするかスケジュールに応じて葬儀場や斎場を決めていきます。地域にどのような斎場があるか把握している葬儀社であれば、混乱なく対応してもらえます。場所を選ぶより先に葬儀社を決めた方がスムーズに葬儀を行う事が出来ると思います。葬儀の会場は昔と比べて街中に葬儀場や斎場が増えて菩提寺の本堂、地域の施設だけが選択肢ではなくなってきました。お住いに精通した葬儀社に相談出来る事がとても大切になってきます。

【用語辞典】

・葬儀場・・・お通夜と葬儀・告別式を行う場所です。火葬以外の葬儀の儀式を行う事を言います。

 

・斎場・・・お通夜と葬儀・告別式から火葬までを行う場所です。

 

・公営斎場・・・自治体の運営なので費用が安価で宗教・宗派に関係なく利用が出来ます。

 

・民営斎場・・・民間の運営で設備面は充実していて予約などもいれやすい。

 

・火葬場・・・火葬を行うために、火葬場として都道府県知事の許可をうけた施設。

明珠閣は八王子斎場のすぐ隣です。安置室は24時間受付。

宗派問わずに葬儀が行えます。

 

斎場のご見学・資料請求、その他、斎場に関するご質問はお電話にてお気軽にお問い合わせください。

ご連絡は TEL:042-661-6617
24時間受付